インプラントとは?

永久歯が欠損してしまった場合に代わりになるものがインプラントです。インプラントとは第二の永久歯と呼ばれる人口歯根です。

永久歯が欠損してしまった場合の代わりになるものが義歯です。

 

今までは取り外しが可能な入れ歯や隣の歯を削って義歯をかけるブリッジが一般的に使われていました。しかし、今ではインプラント治療をすることにより、もとの自分の歯と同じように噛むことができるようになりました。

 

インプラント治療とは、虫歯、歯周病、外傷などによって失ってしまった自分の歯の替わりに、人工の歯根(インプラント)を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を装着させ噛み合わせを回復する治療法です。

 

固定性であるためガタついたりせず、自分の歯のように噛めるようになります。歯冠の色や形も、最新の歯科技術によって、自分の歯と同じように作ることが可能です。

 

1. 見た目にも自然で、審美的にも優れている。
2. 人工歯(チタン)が骨と結合し、自分の歯となんら遜色もなく、骨にしっかりと固定されるため非常に安定する。
3. 咬み合わせがしっかりとおこなわれるようになるので、あごの骨が痩せるのを防ぎます。
4. 天然歯と変わらない程度の噛む力になれるため、自分の歯のように噛めるようになり、固い食べ物も安心しておいしく食べることができます。
5. インプラント治療は入れ歯やブリッジと違い、口の中に不快感が残ったりしないため、話がしにくいこともなく、他の健康な歯に負担を掛けるということもありません。
6. 従来の入れ歯治療などとは違い、メンテナンスをしっかりとおこなえば一生ものと考えられる治療法と言われています。
以上からインプラント治療は天然の歯に近く、天然歯と同じように使えることから、”第二の永久歯”とも呼ばれています。

 

歯を失って

不幸にも歯を失ってお悩みの方の新しい治療法が「インプラント治療法」です。

 

人 はなんらかの原因で永久歯を失うと残念ながら二度と生え変わってきません。そのため今までは「入れ歯」などを用いるしかその部分を補う方法はありませんで した。しかし「入れ歯」だと固いものがうまく噛めない、発音がおかしい、また長く使っている間に合わなくなってガタついてきたりする場合があります。この ように歯を失ってお悩みの方の新しい治療法が「インプラント治療法」です。

 

永 久歯が欠損してしまった場合の代わりになるものが入れ歯です。今までは取り外しが可能な入れ歯や隣の歯を削って義歯をかけるブリッジが一般的に使われてい ました。しかし、今では人工歯根を植えることにより、もとの自分の歯と同じように噛むことができるようになりました。これがインプラント治療法です。

 

噛むことの喜びとおいしく食事できる喜びを再び手に入れることのできる治療法です。近年はその安全性も実証されつつあり、10数年という長い症例の実績も増えてきております。

 

埼玉県所沢市榎町1-19

所沢メディカルプラザ 西友所沢榎町店2F

10:00〜13:30 15:00〜20:00

土曜診療 19:00まで

日曜診療 17:00まで

休診日 水曜日/祝祭日

西武線小手指駅、新所沢駅が最寄り駅